コレステロールと中性脂肪の違いとは?たまる原因と数値を下げる方法

コレステロールと中性脂肪の違いとは?たまる原因と数値を下げる方法

コレステロール中性脂肪を同じものだと考えている人も多いのではないでしょうか?
コレステロールと中性脂肪には違いがあるので、まずはその違いを知っておきましょう。

またどちらも数値が高い場合、どうすれば下げる事ができるのでしょうか?
今回は、原因や基準値、下げる方法をまとめてみました。

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールと中性脂肪の違い

脂肪という言葉を聞くと、コレステロールという人もいますし、中性脂肪という人もいるのではないでしょうか?
どちらも同じように考えられることがあります。
しかしそれぞれ脂肪には違いないものの、役割があるのです。

コレステロールは、細胞膜になったり、ホルモンや胆汁の材料になったりします。
一方、中性脂肪の方は、内臓脂肪や皮下脂肪となって体内に溜まる脂肪です。

体の中での働きに違いがある!

中性脂肪は、運動など体を動かす事によってエネルギー源になります。
血液中に中性脂肪が放出され、エネルギーとして使われます。
余ると内臓脂肪や皮下脂肪になるのです。

つまり、コレステロールは、同じ脂肪でも体の細胞やホルモンなど、代謝や命を守るために使われる脂肪になります。
中性脂肪は、体のエネルギーとして消費されるのですが、運動をせずにたくさん食べるような人は、どんどん溜まっていく脂肪です。
それぞれ役割が異なりますが、どちらも全く無いのでは困る物質でもあります。

コレステロールと中性脂肪の関係

コレステロールと中性脂肪の関係
コレステロールと中性脂肪は、どちらも脂肪ですが、役割によって名前が異なります。
コレステロールも中性脂肪も、油ものやお肉ばかり食べて運動をほとんどしなければ、どちらもどんどん溜まっていきます。

コレステロールには悪玉コレステロール善玉コレステロールがあります。
悪玉コレステロールが使われずに血管を流れると血管の壁に付着し、血液の循環が悪くなってしまうのです。
血液の循環が悪くなると様々な病気の原因になってしまう可能性があります。

中性脂肪の場合、体を動かすエネルギーとして使われます。
ほとんど動かない場合、内臓脂肪や皮下脂肪となり、メタボの原因になるのです。

つまり、コレステロールと中性脂肪が溜まる原因は同じようなものなので、改善方法も似てきます。
コレステロールと中性脂肪は、血液中の脂肪の量が異常になる原因となります。
改善方法も近いので二つの関係性は深いです。

コレステロールと中性脂肪の基準値

コレステロールと中性脂肪の基準値

コレステロールと中性脂肪の基準値
・LDL悪玉コレステロール:基準値 60~119mg/dl
・LDL善玉コレステロール:基準値 40~119mg/dl
・中性脂肪:基準値30~149mg/dl
この数値は、基準値です。
血液検査の結果でこの範囲内ならば、正常ということになります。

コレステロールの場合:120mg/dl以上
中性脂肪の場合:150mg/dl以上
上記で異常な数値と判断されます。
医師から治療や生活改善をするように言われる事もあるでしょう。

数値が高い人は血液中の脂肪の量が異常である病気だと診断されることもあります。
その場合、薬物などの治療を受ける事になります。

健康診断や血液検査の際は、この基準値を把握しておいて、改善方法なども考慮した方が良いでしょう。

コレステロールと中性脂肪が高い原因

コレステロールと中性脂肪が高い原因

コレステロールが高い原因

コレステロールが高くなる原因には次のようなものがあります。

  • 炭水化物や肉などをよく食べる
  • 甘いものもよく食べる
  • アルコール
  • タバコを吸う
  • 睡眠不足
  • 運動をほとんどしない

コレステロールが高くなる原因は、食事や生活習慣に関係するものが多いです。
特に食事は重要で、脂肪分が多いお肉を毎日のように食べる人、糖分を摂りすぎる人は注意してください。

また、デスクワークなどで体をほとんど動かさない人は、慢性的な運動不足になっています。
コレステロールが溜まりやすい状態になっていますので気を付けましょう。

中性脂肪が高い原因

中性脂肪が高くなる原因には次のようなものがあります。

・炭水化物や肉などをよく食べる
・甘いものもよく食べる
・アルコール
・タバコを吸う
・睡眠不足
・ストレス
・運動をほとんどしない
・血圧が高くなるなどの遺伝

中性脂肪が高くなる主な原因も、食事と生活習慣です。
食事や生活習慣が悪循環になっていて、どんどん中性脂肪が溜まっている人もいます。
病気予防のためにも、中性脂肪の原因になっているようなものを改善しましょう。

コレステロールと中性脂肪を下げる方法

コレステロールと中性脂肪を下げる方法
コレステロールと中性脂肪を下げるには次のような方法を試してみましょう。
少しずつでも実行していくことで健康的にコレステロールと中性脂肪を下げることができます。

食事に気を付ける

食事に気を付ける
コレステロールと中性脂肪を下げるには食事を改善するのが一番の近道です。
まず、次のような事を実行してください。

・動物性脂肪を減らす(お肉など)
・甘い物(糖質)を減らす(お菓子など)
・調理油はオリーブ油等を使う
・できるだけ野菜を食べる
・炭水化物(米・パン・麺類)を減らす
・飲み物も糖質が多い物は減らす
・できるだけお茶や水を飲む

このようなことを食事で気がけるとコレステロールと中性脂肪を下げる事ができるでしょう。
毎日の食事が原因という人も多いので、まずは、食事の質を変えてください。

アルコールとタバコを控える

アルコールとタバコを控える
アルコールやタバコなどの嗜好品を好む人は、コレステロールと中性脂肪が高いという傾向があります。
コレステロールと中性脂肪を下げるならアルコールやタバコは控えるようにしましょう。

アルコールでは、つまみで脂質の高い物を食べがちです。
タバコは、吸う事で血行を悪くし、コレステロールと中性脂肪が溜まりやすい状態にしてしまいます。
できれば、健康に良くないので控えるようにしましょう。

ストレスをため込まない

ストレスをため込まない
コレステロールと中性脂肪にストレスは関係ないと思っている人が多いです。
ストレスを感じていると自律神経が乱れ、様々な症状に繋がります。

コレステロールと中性脂肪では、ストレスによって血行が悪くなってしまう為、悪玉コレステロールなどが血管の壁につきやすい状態になるのです。
ストレスは万病の元とも言われています。

コレステロールと中性脂肪を下げるには、ストレスを発散することが大切です。
ストレスがため込まないようにしたり、生活環境を整える必要があるでしょう。

運動をする

運動をする
コレステロールと中性脂肪を下げるには、運動をするのが一番だという人も多いです。
コレステロールと中性脂肪は、いわゆる脂肪ですが、脂肪は運動することによってエネルギーとして消費されます。

有酸素運動と無酸素運動を交互に行うのがおすすめ!
中性脂肪の中でも内臓脂肪は、有酸素運動することによってどんどん消費されます。
ウォーキングや軽いランニングは、コレステロールと中性脂肪を下げるには最適です。
できれば、有酸素運動を行う前に筋トレなど無酸素運動を行うと更に効果的です。

無酸素運動と有酸素運動を交互に行う運動なら、更に脂肪燃焼が早くなります。
さらにお腹が空いている時に行うと、満腹時より脂肪燃焼効果が2倍になるとも言われています。

現在は、ダイエットの為の効果的な運動方法も確立されています。
自分でなかなか運動できないとか、どのような運動をすればいいのか判らない人は、スポーツジムなどに行ってみるのも良いでしょう。

コレステロールを下げるサプリやドリンクを飲む

コレステロールを下げるサプリやドリンクを飲む
コレステロールと中性脂肪を下げるには、食事に気を使ったり、嗜好品を減らしたり、運動をすれば良いというのは判っているけど、なかなか実行できないという人も多いのではないでしょうか?
そんな人におすすめなのが、コレステロールを下げるサプリやドリンクです。

機能性表示食品特定保健用食品として販売されている商品もあります。
これらは、1日決まった容量を毎日飲むことで、コレステロール下げる効果が消費者庁などから認められたものもあるのです。

キツイ運動や無理な食事制限などより簡単に始められ、続けやすいと評判です。
コレステロールを下げるために、いずれは運動や食事の改善をするとしても、何から始めればよいのか判らない人なら、サプリとドリンクをおすすめします。

まずは、サプリとドリンクでコレステロールを下げる第一歩を始めてみましょう。

関連記事

関連記事がありません。